tweed

ずっと使ってみたかった素材がありまして
近頃話題の衣料品店などでも
コラボ商品として出ている生地。

ハリスツイード

微妙な色合いの染色と優れた保温性
秋冬のアイテムにピッタリかと思いますが
こちらのハリスツイードは英国の
ハリス島、ルイス島の羊の羊毛で、
その島民が紡いだものです。

ハリスツイード協会が定めた基準にクリアしたものだけが与えられる認定ラベルは英国王室許可証でもあります。それが商品についているタグです。

morinomori handiworkでは
定番のリバティコインケースをツイードに変えて
 制作してみました。

リバティコインケースは表地のリバティごと
キルティングをしていますが
こちらのツイードは裏地のみにキルティングを
しています。
ちなみにその裏地は丈夫で長持ちな素材、
リトアニアリネンです。

さて、このコインケースを作るにあたって
欠かせないものの一つに周囲に使う
バイアステープがあります。

リバティやツイードに合う素材にするため
柔らかな綿麻やリネンなどの生地選びから
成型まで行っています。

特別変わったデザインではないのですが
この作品には思い入れがあるために
とことんこだわってこれからも作り続けたいと
思っています。

こちらのハリスツイードコインケースは
男性にもオススメの
紺、グリーン、グレーの3色で
現在、morinomori雑貨店にて販売中です。